女性化乳房を手術で治しました

女性化乳房と診断、スポーツブラで過ごした学生時代

診察前にレントゲンとCT撮影をして、その写真を見ながら胸の触診もやった結果として乳がんではなく、真性女性化乳房と言われました。
真性女性化乳房を着た事が無かったので驚きましたが、10代の頃にホルモンの分泌異常などで、女性ホルモンの分泌比率が増えておこる現象で、自然と治る事がほとんどと言われてホッとしました。
取り敢えずガンになる可能性は低いので、スポーツブラなどを付けて胸に刺激を与えないようにして数年間様子を見る事になりました。
できるだけ無地で目立たないスポーツブラを母に買ってもらって、高校の先生に事情を話して夏のプールの授業を受けなくても良くなりましたが、夏場でもスポーツブラが見えないように厚手のTシャツを着ていたので夏は辛かったです。
2年間ぐらい胸が小さくなるのを待っていたら、左側の胸は小さくなって来たのに逆の右胸が大きくなり、右が胸が擦れて頻繁に出血するようになりました。
病院で相談した結果、保険では乳腺の痛い所まで切除できないので、見た目を良くしたいなら美容外科クリニックに通って下さいと言われました。

Cカップの男の子女性化乳房と診断、スポーツブラで過ごした学生時代口コミで話題の美容整形外科クリニックで手術を決断手術結果、夏には念願の海水浴に

女性化乳房で思い出したけど思春期のはじめごろってホルモンバランス不安定だからおっぱいでかくなる男子いるよ!(経験者は語る)

— 4号J型エリリ (@kmhtnam) 2018年6月21日